• -
  • -
  • プレゼン嫌い必見!緊張の取り扱い方がわかる書籍『緊張して話せるのは才能である』が宣伝会議から発売

公開日:2019/04/09

ニュース

プレゼン嫌い必見!緊張の取り扱い方がわかる書籍『緊張して話せるのは才能である』が宣伝会議から発売

マーケティング・広告・広報の専門誌を発行する株式会社宣伝会議が、書籍『緊張して話せるのは才能である』を発売した。

現代のビジネスシーンにおいてプレゼンテーションは避けて通れないもの。しかし、人前に出るだけで緊張してしまう、大事なプレゼンほど手足が震える、という人にとっては、なかなか思い通りにならないことだろう。これまで緊張は、「克服するもの」と言われてきたが、同書では、最大限のパフォーマンスを発揮するために、人間に生まれつき備わっている「才能」と捉え、緊張を活かしながら聴き手の心を動かす方法を紹介。「録画で緊張している自分を認識」「息は2回吸え」「魔の3分を乗り切れ」など、緊張の取り扱い方を知ることで、相手に伝わるプレゼンができるようになる。

【ポイント】
・プレゼン嫌い必見!緊張しながら、聴き手を動かす方法
・社長の記者会見を分析し続けたプレゼン・コンサルタントが指南
・困った質問が来ても、乗り切れる
・緊張をなくすな、緊張を活かせ!

【書籍概要】
出版:株式会社宣伝会議
著者:永井千佳
仕様:四六判、232ページ
イラスト:わかる
価格:1,800円(税別)
ISBN:978-4-88335-458-0

https://www.sendenkaigi.com/books/business/17132